椋岡の家 《基礎編》

 

久しぶりの更新になってしまいました。

 

GW明けには和歌山県は田辺市に

椋岡の家に使用される木材を山から見学してきました。

 

yamacho 238(blog)

 

今回は秋から工事が始まるお施主様と一緒に見学させて頂きました。

山長見学ツアーのお話はまた順次更新していきます。

 

 

今現在の椋岡の家はこんなかんじです。

 

nogata 034(blog)

 

基礎とは思えない、見たこともないような壁が!!

 

そうなんです。

ここは傾斜地になっているので、擁壁兼基礎ということで

巨大な基礎になっています。

 

通常の家なら3週間程で終わる工事が椋岡の家では1ヶ月程かかっております。

それくらい大きな基礎を作っています(^^;)

 

写真の状態は駐車場の部分と玄関部分まで立ち上がっています。

次は1階部分になる基礎を打つのですが

その前にK’z Homeでは、基礎に断熱材を貼ります。

 

nogata 004(blog)

 

これはEPSと言って、防蟻処理が施されたビーズ法ポリスチレンフォーム保温板です。

 

アメリカでは主流となっていて、国から防蟻断熱建材や人畜無害で土壌汚染しない建材として

いくつか認可をもらっているほどの建材です。

シロアリはときにレンガやコンクリートにまでかじりつくとのこと。

それを防ぐために施工していきます。

 

K’z Homeではこれを標準施工しております。

 

写真は内側を施工しているものですが

最終的には外側にも施工して、シロアリの侵入を防ぎます。

 

次回は1階部分の基礎が立ち上がり次第更新致します。

それまでは木材見学ツアーの更新をしていきたいと思います(^^)

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ