ホーム ~家ってどんなものかしら~

a1180_011309

 

先日あるドラマを観ていました。

そのドラマは子育て世代を中心に物語が展開していき

主演の夫婦は毎週なんらかの問題にぶち当たり

喧嘩したり失敗したりしながら家族の絆を強くしていきます。

 

※2月4日放送分 ネタバレあり※

 

その主演の夫がしている仕事が一級建築士。

この日の放送内容は、建材会社のモデルハウスのデザイン契約を取るために

期限日までに相手社長のOKを貰うこと。

 

建材会社のモデルハウスということで

その会社の建材を全面に出したデザインを描くが

なぜかなかなか社長のOKが貰えない。

 

毎日会社でも家でもデザインを描く日々が続くが

家には赤ちゃんがおり、夜鳴きが気になり仕事にならず

ついには「仕事の邪魔だ」と妻に言ってしまいます。

 

呆れた妻は赤ちゃんと一緒に家を出てしまい

知らずに帰ってきた夫はショックを隠せず

さらにデザインが浮かんでこなくなってしまいました。

 

そこへ突然訪れた自分の母に

「あなたたちの笑顔のおかげで今まで頑張ってこれた」

「私の元気の源はあなた達だった」

と言われ夫は何か気づきました。

 

そしてとりつかれたようにデザイン画を描き、社長に提出しました。

 

彼が提出したデザイン画は内観のみで

外観がなく、社長から

「なぜこのデザイン画?」

と聞かれ、

「自分の家族が安心・安全・健康に、綺麗に生活できる家をイメージしました。」

と答え、社長を驚かせました。

 

社長が求めていた答えを彼は出せたことで

契約は決まり、晴れて妻と赤ちゃんを迎えに行く

というストーリーでした。

 

 

このセリフを聞いて、「大事なことに気づけてよかった」と思いました。

 

今の日本の建築業界は安さに走り、

新建材なるものを大量生産し

有害物質を家の中に撒き散らしているのです。

(ビニールクロスや合板フローリングなど)

 

そんな建材をハウスメーカーが使っているので

建材屋は売るのを止めれません。

また、安さに走る工務店も然りです。

 

 

今回のドラマを観た人はきっと10%くらいでしょう。

その10%の人たちがあのセリフにどれだけ心を動かされたでしょうか。

 

家族の安心・安全・健康を守ってくれる家が増えることを祈ります。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ