部分断熱リフォームをやってみた。(その2)全2/8

部分断熱リフォームをやってみた。(その2)-1

 

そこで、無理をして壁を破らず、内側にもう一つの壁を作り、それを断熱層にしてしまおう、と考えた。

 

最近売り出しのインナー窓と同じ考え方だ。

 

これなら廃材(壁を壊さないので)が少なく、重量鉄骨特有の四方隅の柱出っ張りが消える。

 

一か所だけ残る大柱は、O氏のアイデアで無垢板の杉で囲い大黒柱風にすることになった。

 

全体に「古民家風が良い」とのことで、掃き出し窓を除き、インナーサッシを止め、内障子を提案、障子は断熱性に優れ、気密性こそ期待できないものの、元々締め切りが多い、西側窓と北側窓には、「問題無い」とO氏も賛成してくれた。

 

壁厚は100㎜とし、中に調湿性に優れた木質繊維材でその名もズバリ「木の繊維」(熱伝導率0.038、厚み100㎜の熱抵抗値2.63K/W、透湿率114、)

 

部分断熱リフォームをやってみた。(その2)-2

 

この材料を選んだ理由は、内壁であるため、調湿性が高いものでないと、室内の湿度が逃げ場を失い、湿気に苦しむことが考えられるからです。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ