部分断熱リフォームをやってみた。(その3)全3/8

部分断熱リフォームやってみた3

 

そこで、室内側の仕上げ下地に一般的に使われるプラスターボードではなく、三菱マテリアル社製の<MOIS>(モイス)を採用、この材料は透湿抵抗が殆ど無く(ほぼ0)、仕上げ材として塗る珪藻土との相性も良い(密着性が高い)こと。

 

主成分がバーミュキライト(鉱物)ですから、腐ったり虫に食われたりしません。

 

また、ホルムアルデヒドを吸着分解する性質を持っていますから、室内の空気の浄化にも役立ちます。そんな優れものですが、弊社では今まで外壁の耐力壁面材として使用してきましたが、プラスターボードの10倍近い価格のため、室内での使用は諦めて来ました。

 

でも今回のような限られた空間を触るリフォームには、使用面積が多くないので、その価格差も大きな問題ではありません。(4000円が40000円、36000円の差)

 

新築や大規模リフォームではしたくても出来ない事が部分リフォームでは可能です。

 

更に、珪藻土壁に有り勝ちな接触によるキズや剥がれを嫌い、腰壁には桧で出来た無垢の羽目板を回しました。

 

部分断熱リフォームやってみた3

 

これも調湿効果を狙っています。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ