部分断熱リフォームをやってみた。(その7)全7/8

部分断熱リフォーム7

 

太陽熱温水器は寺田鉄工所製、ガラス管を使った真空管方式です。

 

真空管は熱効率が高く、僅か数分で100Lの水を沸点に持っていく事が出来ます。

 

これをベランダに付け、下にあるガス給湯器に接続(高温すぎると給湯器が破損する恐れがある為、途中で水を混ぜる)して、水温が足らない場合のみ給湯器が働く。

 

新築では3件の実例が有り、とても良好な結果が出ています。

 

一般的なガス代の5分の1以下など、条件次第ですが、かなりの優れもの。

 

ただし、真空管式ではなく、給湯器とタンク一体式の媒溶液タイプなのですが。

 

今回はベランダ設置なので、タンクと集熱板一体型でも良いか、としましたが、やはり屋根に乗っけるとなると、200L(200kg)の水はいい気持がしません。

 

給湯器の近くに置ける真空管式が出来ないものだろうか。

 

工事後、寺田鉄工所の社長が弊社へ来られたので、要望してみました。

 

個人住宅は全事業の3%程度だそうですが、前向きな姿勢でした。

 

部分断熱リフォーム 7-2

 

部分断熱リフォーム 7-3

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ