30年前にリフォームした家が、ほとんど傷んでいない|外断熱リフォーム2件(その3)

それから20年経って、なんとそのお母様の家をリフォームする事になったのが、5年前の事です。

 

当初のご依頼は、お姉様(ご長女)からでした。

 

実家のお母様と同居するにあたり、「30年近く以前にリフォームした我が家が、全くと言って良い程傷んでなく、今でも快適に暮らせているので、今回も是非」との事。

 

80歳を超えられ、以前の事はすっかり忘れてみえるようでしたが、お会いして話すと以外にも意気投合、私の意見を素直に受け入れてくれました。

 

4人のお子様を育てたその家は、60坪を超える平屋の入母屋造りという豪勢な構えですが、その屋根の重量は瓦だけで8トンを超え、下に葺かれている土を入れると20トン近くにもなります。

 

_F1A3437-w600

 

瓦の壽命は50年~70年ですから、まだ慌てることはありませんが、その重さは問題です。

 

土を降ろし、代わりに断熱材を敷く事を提案しました。

 

亡くなられたご主人が建てた家、「触らないで」と言われる事も屡々。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ