25年経って再生された家。快適さを実感されています。|外断熱リフォーム2件(その9)

屋根は、本来葺きかえれば理想ですが、築25年で増改築ではない断熱リフォームだけでこの形状の葺き替えは経済的ではありません。

 

そこで、錆びをカバーしながら断熱効果が期待できる<ガイナ>を塗ることにしました。

 

_F1A3429-w600

 

夏の暑さを抑えるには、屋根の断熱が欠かせません。

 

樋の全面取り換えと合わせ、破風を木製から無機質の不燃材にし、ガイナを塗り込む。

 

2階部分はEPS100㎜の断熱材に防水モルタルを塗り、漆喰で仕上げる事に。

 

そして、1階RC擬似石部分はEPS100㎜+防水モルタルの上にアクリル樹脂カラーモルタルを左官仕上げとしました。

 

擬似石の重厚な風合いから雰囲気こそ変われ、ある程度の重さが必要と思い、左官仕上げが適当と判断しました。

 

お決めになった色は、最初は少し明るすぎないか?との疑問も持たれましたが、時間が過ぎ
納得頂きました。

 

25年経って再生された家がこちらです。

 

_F1A3413-w600

 

昨年の猛夏を過ぎ、冬を迎えられてその快適さを実感されています。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ