電話

メール

メニュー

スタッフブログ

スタッフブログ

一覧へ戻る

2015/07/06

《参加予約受付中》「構造見学会」と「完成後見学会」を同時開催!!

カテゴリー:イベント お知らせ

K邸構造(建築中)とM邸完成後(築2年)の同時見学会を開催

 

半田市宮本町にて、現在建築中の家と、既に一昨年に建て、お住まいになってから2年経過の家のお施主様にご協力を頂き、構造と完成を同時に見ることが出来る見学会を開きます。

どちらのお家もツーバイシックス工法で、<全館空調システム>を採用しています。

 

<街中でコンパクトに暮らす>をコンセプトにしたK邸は、40坪弱の変形敷地(長三角)に31坪の家。変形でありながら、耐震強度は、最高ランク3の1.5以上を遥かに凌ぐ2.0以上を確保しています。省エネでの全館空調に必要不可欠なC値(隙間度合)0.3以下(一般的なハウスメーカーで2.0以上、少ないほど隙間が無い事を意味する)。Q値(断熱性能)1.0(一般的なハウスメーカーで2.0を下回る事は無い、小さいほど熱が逃げない事を意味する)。

 

<郷中で静かな暮らし>がコンセプトのM邸は、2年前に完成。北入りのため、玄関はほの暗いが、キッチン、ダイニング、リビングが全て南向きになった明るいLDKとなっています。家事動線を最優先に1Fにウォーキングクローゼットを備え、吹き抜けと全ての部屋が繋がった、家族の気配を常に感じることが出来る素敵な家です。完璧に南向きの家のため、リビングの窓は大きく開口し、吹き抜けには欄間も付けました。

それは、冬季の太陽光による熱を利用するパッシブを意識したからです。基礎断熱で地下の熱を利用し、パッシブで太陽光の熱を利用する、自然に逆らわない家造りになっています。

 

これからの<家づくり>の条件。

永く暮らせる家であるには、安全と安心を約束するだけでなく、世界基準の省エネルギー。

快適に暮らすための<ランニングコスト>が掛からないことが大切です。

超長耐久、超耐震構造、超高断熱、超高気密の高性能住宅の秘密を全てご覧に入れます。

なぜ、<100年後も愛される家>なのかの意味が見つかる見学会になるでしょう。

 

ご予約・ご質問はお気軽に

〈お電話から〉0569-25-0017

〈メールフォームから〉こちら

一覧へ戻る

PAGETOP
Copyright© 2018 ケーズホーム株式会社. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.