電話

メール

メニュー

スタッフブログ

スタッフブログ

一覧へ戻る

2012/10/23

2012年10月23日

カテゴリー:その他

第三回 『 冬支度をそろそろ 』

 

皆さん如何お過ごしですか? 少し前までの暑さはどこへやら、暑かった分だけ急な冷え込みを感じます。 11月の声を聞けば暖房のシーズンがやってきます。 CAF(全館空調)でお住まいの皆さんは、そろそろ暖房の準備をしましょう。 調湿コントローラーは、OFになっていますね。 では、湿度コントロール本体のドラムは掃除出来ていますか? BOX内の水分は綺麗に乾燥していますね? OKであれば、試運転をしてみましょう。 締めてあったバルブを開き、電源を入れ(オフシーズンはコンセントを抜きます)BOX内に水が溜まるのを確認してください。 溜まり始めたら、コントローラーを50%の位置にして、ディスクが廻るのを確認します。 これで<加湿器>の試運転は終了です。 実際の運転は必ず本体の暖房時に行ってください。 加湿器だけの運転は結露の元になるので、絶対に避けて下さい。 加湿器の準備が終わると、フィルターのお掃除です。 本体のフィルター以外に、吸いこみ口のお掃除をしてください。 天井に付いているタイプは化学雑巾で、壁に付いている木製の枠の網は、出来れば取り外して、出来なければ掃除機の先端を出来るだけ細くして、グリルの中へ差し込みながら吸い取って下さい。これで、冬支度完了です。

HRVをお使いのお客様は、フィルターの掃除をしましょう。 年末の大掃除時でも良いのですが、出来れば年4回シーズン毎にするのが理想です。 風量が落ちると換気能力が下がり、閉め切った冬の部屋は空気内の2酸化炭素の割合を増やす結果となります。(特にファンヒーターやストーブを使った場合は)HRVの取扱は、拙宅でいろいろ検証していますので、「こんな場合はどうするのか?」などご質問があれば、随時メールにて受け付けています。どうぞご利用下さい。 例えば、焼き肉や鍋のような煙や湯気がいっぱい出る料理には、どうすれば?とか。 この場合は、食事時からHIモード(5段階の一番上)でお使い戴き、終了後30分ほどはそのまま運転を続けます。(焼き肉の場合です。鍋料理の場合は終了と同時に)臭いが抜けた時点でも構いませんが、放置すると暖房負荷が掛りますので、気を付けて下さい。

では皆さん、冬の快適なホームライフをお楽しみ下さい。

一覧へ戻る

PAGETOP
Copyright© 2018 ケーズホーム株式会社. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.