店舗/ピックアップ

1枚目の画像

  • ファームレストラン黒牛の里
レストランが出来ました。 去年の9月から半年にわたり、弊社30周年記念工事として取り組んできました「ファームレストラン黒牛の里」新築工事が終わりました。 3月22日からいよいよオープンされるそうです。 と言っても、当面は予約制とのこと。 まずは、記念すべき建物をさせて頂いた(株)黒牛の里様に感謝します。 誠にありがとうございました。 オーナー様の「100年持つ店にしてほしい」の言葉に応えるべく、今まで培ってきた家づくりのノウハウ「100年後も愛される家」をふんだんに注ぎ込むことが出来ました。 基礎断熱はもとより、ペアガラスの木製サッシ、板壁とスイス漆喰の外壁、無垢の床とタイル、石、等々、正に<家造り>をそのまま<店づくり>にさせて頂きました。 今回の建物の収穫の一つは、石州瓦との出会いです。 遠くヨーロッパの山間部(スイス)に建つイメージとのことで、瓦が見つからず困っていました。三河地方で作られる<三州瓦>では、釉薬を塗るのが一般的で、マットな石肌風のテーストがありません。 瓦屋さんには嫌がられましたが、島根県の石州で作られている瓦が一番近い感じでした。 もう一つ、ランドスケープのSO-RAの酒井さんも新しい出会いになりました。 こちらは、愛知県の方ですが、知り合ったのは東京のビッグサイトでした。 坪庭の作庭を全て任せることが出来ました。 雪が積もった時、オーナーの一人、市野さんがジーと見て「感動した、良い感じだなぁ 。 後は、いつものブレーンを駆使して、ワークさんに<風見牛>を、吹き抜けに有る大きなFIX窓(嵌め殺し)に入れたステンドグラスは、可児ガラス工房の栄氏を、テーブルや家具は木香舎の加藤氏に依頼して、まるでケーズホームの家に居るような店になりました。 個室の大部屋に釣り下がるシャンデリアはKICHLER社の物。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ