<ケーズホーム第一号の家>

 

日進市の郊外、閑静な住宅街として人気がある岩崎台にその家はあります。
オーナーのH様との出会いは、平成10年の春でした。
当時、名東区に在った弊社ショールームにお越しいただき、打ち合わせをした事を思いだします。
一人娘の咲ちゃんは、とてもシャイで、「自宅以外のトイレには絶対に入らないのに、ここのトイレは平気です」とおっしゃっていただいた事が忘れられません。(今じゃ高校生)南面道路の奥行きがある長方形な敷地に、どんな家が建てられるか、土地を紹介された三井ホームとミサワホームとのプランコンペのような形の中で、弊社を選んで頂きました。
ご提案の前提となった条件は、土地の間口が8.5m程でしたので、南面に駐車スペースを取ると建物が奥へ行ってしまい、北側の庭が無くなってしまいます。
郊外なのでバスはありますが、買い物やお出かけには、御夫婦それぞれに車が必要でした。
また、海外生活(英国)経験がお二人に有ったので、車を家の中に入れることに抵抗はないだろうと考え、ビルトインガレージの有る家をご提案。
更に、車を見る生活ではなく、青空を眺めるリビングは2階へ持って行こうと考えて、LDKとバスを2階に配置、リビングからウッドデッキで外へ出る事が出来るプランも気に入って頂きました。
ちょうど50坪の敷地に53坪の家が建ちました(ガレージ含む)。
それまでに自宅も含め、住宅建築はすでに10棟以上建てていましたが、ツーバイシックスで、サッシや材料を本格的に輸入して建てる現在のケーズホームの原型になる、記念すべき1邸となりました。
床材にチーク材を惜しげも無く使っていますが、今考えると、贅沢かもしれません。(当時の3倍以上になりました)
暖炉はダミーで、中にガスファンヒーター(FF式)を組み込んであります。
家族の成長と共に変化していくのが住まい。1階は、寝室の他にフレキシブルな部屋があり、時々ゲストルームとして、また奥様が英会話教室として使われていたこともあります。ウッドデッキにパーゴラを足して、雨でもバーベキューが楽しめるようになりました。
H様は、再び海外勤務で家を離れられていて一昨年戻られた際に内壁を塗り直しされました。(会社の社宅として、他の方が入居していた)
写真の壁があまりにピカピカなのはそのためです。(珪藻土からビーナスコートへ)
そして、今変化しているのはガレージ。H様の趣味(プロの域)は木工で、自作のカヌーを造ってしまう程の腕前。最早木工場(それもかなりな、ハイテク)。おじゃまする度に新しい機械や設備が増えています。将来の姿も、楽しみです。END

 

ob_hamada_1

 

オーナー様からの一言

 

Q1 お住まいになってどれくらいですか?
14年くらいになります。

 

Q2 家に関して一番気に入っているところは何処ですか?
いっぱいありますが、
天井が高く広いリビング。
ウッドデッキでは、バーベキューを毎週末楽しみ、ガレージでは木工に精を出しています。
静かなところもいいですね。よっぽどの大雨でないと、雨が降っている事にも気がつきません。

 

Q3 反対に、家に対する御不満はありますか?あれば具体的に。
日当りがよく冬は暖かいのですが、(空調を働かしていればいいのですが昨今の節電モードでは)夏は熱がこもるとなかなか下がらないのがちょっと、。

 

Q4 ケーズホーム(カトーエンジニアリング)のメンテナンスは如何ですか?
メンテを忘れた頃に、顔を出してもらって、助かっています。

 

Q5 これから家造りをされる方へのアドバイスと、ケーズホームへの提言があればお願いします。
一戸建てなのに2階リビングにしたり、庭をほとんどもうけずビルトインガレージにしたり、いろいろな天然素材や断熱など、予想を超える提案をいろいろとしていただきました。また、その過程で家に関する知識もずいぶん増えました。一緒に家をつくるプロセスを楽しんでください。その後の生活につながると思います。

 

ob_hamada_2

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ