<営業に来たHさんから【家づくり】の相談>

 

今回の訪問先H邸のご主人H様は、弊社へOA機器を設置する際に営業応援のため、販売会社の親会社から派遣されてきた営業マンでした。
OA機器の説明は脇に置き、ご自宅の建築相談。
当初は名古屋へ建築予定を考えてみえたところを、土地から探すとのこと。
名古屋市内で土地から購入して注文住宅となると、バブル崩壊後と言えども6000万円は必要になる。
資金的に将来に重く圧し掛かるのでは?と案じていると、「半田市内に土地は有るけど」とH様。
「えっ半田市の何処ですか?」とわたしが質問すると「白山に200坪は有るかな」って、
どうしてそちらに建てないの?
確かに名古屋へ通うのはちょっと大変かもしれませんが、白山なら駅も近いし、子供への環境も申し分ないですよね。
一番の障害は、ご主人とご両親、特にお父様との間に確執が有るとのこと。
「孫が近くに来て嫌がる人はいない」の私の一言でご両親にお話をする決意を固めて頂きました。
案の定、お父様も賛成して下さり、敷地たっぷりの家プランとなりました。(280坪)<ビルトインガレージ>はもちろん、建物は真南に向けシンプルに、3人のお子さん (お兄ちゃん、双子の女の子)の部屋とゆったりとした寝室、2階にも洗面とオープンなパソコンカウンターを設け、1階にはご両親がいつでも泊まれる8帖の和室と納戸を。
玄関もホールを合わせると6帖以上になる余裕です。
建て坪(建築面積)160㎡、延べ床面積238㎡(ガレージ含む)住宅部分だけでも60坪のゆったり住宅です。

ob_4_018_w257px

土地の節約を目的ではなく、生活スタイルの為のビルトインガレージは、建物に潜らないので、家の風格も出す事が出来ました。

外壁は<アメリカンスタイル>の下見板張りにメンテナンスの難しい2階部分は塗り壁。

シンプルな<切り妻屋根>の下は大空間の小屋裏スペースが、これが枠組み工法の真骨頂。
ガレージの上にもたっぷりの収納空間があります。
この時期(2000年頃)は一階の床に惜しげも無く<チーク>のフローリングを使っています。(おかげで座敷犬がラブラドルレトリバーなのに傷は気になりません)

ob_4_013_w257px

 

完成後にどうしても欲しかった<薪ストーブ>を設置。

ob_4_008_w257px

 

最初はご主人の希望で付けた<薪ストーブ>も今では奥さまの得意技だそうです。

ob_4_011_w257px

 

この春から娘さんたちも大学生となり、すこし寂しくなるH家も元気なワンちゃんの様子をみると、明るくなります。(ラブラドルは今年で10歳に)

ob_4_012_w257px

 

実は、あまり敷地が広いので、北側半分は残しておきました。
H様には、その後、空いた敷地にアパートを建てさせて頂きました。

ob_4_249_w257px

 

ob_4_251_w257px

 

業者の営業がひしめくなか、弊社にお任せいただいた光栄を感じています。

目先の収益を追った狭いアパートプランばかりの中、少ない戸数で、定住型の提案です。
半田市で最も高い家賃を誇る高級賃貸になってしまいました。(家賃10万円以上)同一敷地内に棲む方々ですから、出来る限り限定したい事。
アパートが乱立している中でも、半田市の白山町5丁目と言う好立地に立ち、差別化を図ることが必要と考え、外装も内装もケーズホームの仕様に近い建物にしました。
見た目はさほどでもないようですが、断熱や自然素材など、他ではありえない仕様です。
メゾネットにしたため、戸数は3戸と少ないですが、入居率を高めるために(沢山の方が条件に合うことが難しい)決断してもらいました。
完成し9年、どうやらほとんど空室になることもなく過ぎています。
入れ替わりは有りましたが、天然木はそれなりに風合いが出て良い感じです。
賃貸アパートのサッシがマービンインティグリティー(樹脂複合サッシ)なんて、今から考えてもよく提案したなあ、と思います。
やりすぎて、指紋認証キー(サムスン社製)は迷惑を掛けました。(直ぐに生産中止)
自然派志向の方がアパートに住む時、「こんな部屋があれば良いな」を実現しました。

 

ビルトインガレージに薪ストーブ、ウッドバルコニーはガラス庇をつけて、横樋を見えなくするために、鼻隠しの中へ。
アメリカンな生活が似合う家に<アメリカン>に暮らしておられます。
(但し、リビングには炬燵がありましたけど(笑))
最後に浴室を見せて貰うと、手造り浴室だったのですが、なんと鏡が忘れてありました。
13年目の真実とはこの事。
後日取り付けさせて頂く事に。
そういえば、お家の引き渡しの際、その前の週に私が家族旅行をしていて、思ったよりも工事が進まなく、H様から「引き渡しは可能ですか?引っ越し屋と契約してしまったので今更延ばせないです」と不安な電話を頂いたそうです。
引っ越し前夜に夜中までキッチンの扉を私が取り付けたのを思い出しました。
そして、完成を楽しみにしていたお父様が完成間際に急逝されたことも。
今はそれも懐かしい思い出になっています。
<家を建てる>それだけなのに、そこにはいつも<ドラマ>があります。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ