部分断熱リフォームをやってみた。(その8)終わり

部分断熱リフォーム 8-1

 

最後に玄関ホールがあまりに暑い(夏場玄関庇が少ないので、直射日光が当たり、無断熱の玄関ドアを通して暑くなってしまう)ので、思い切って断熱ドアにすることに。

 

築11年の玄関ドアを交換するのは、どこか忍びない気がしたが、O氏の顔を見ると気にも留めない様子。

 

真夏に訪問したことが無いのだが、よほど暑くて玄関ドアに未練がないのだろうと思える。

 

LIXIL社製のグランデル(熱抵抗値:K値1.5)を採用。

 

書き忘れましたが、リビングの掃き出しは最も熱損失の大きな窓なので、内障子ではなく、YKK社製のプラマードUを採用しました。(ペアGLow-e:K値1.7)

 

O邸のLDKリフォームをしたことで、新しい考えや、かねてより試してみたかった材料などを使う事が出来ました。

 

どれほどの快適性や、経済性が実現出来たか?は、これからを待たなければなりませんが、

 

ご満足の様子は、御引き渡しの時の表情で、ひしひしと感じました。

 

部分断熱リフォーム 8-2

 

部分断熱リフォーム 8-3

 

部分断熱リフォーム 8-4

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ