見えて来た「無暖冷房住宅」への道(本当のゼロエネルギーハウスを求めて)-その1

日本版<パッシブハウス>の完成

今年一月で、一昨年新築した北名古屋のY邸を引き渡して丸1年が過ぎました。

そこで、年間の光熱費を纏めて頂きました。(HEMSを付けたので簡単なデータも)

エコキュートを使ったオール電化の家で、大きさは137.2㎡(41.58坪)です。

空調は全館空調システム(弊社オリジナル)(ビルトインガレージ内に設置)

家族はご夫婦とお子様一人の3人。

専業主婦の奥様は家におられる事が殆どです。

データを拝見すると、冷暖房機器が動いていない時期の4月~6月が23、833円、

10月~11月が14、432円で、5ヶ月合計38、265円となりました。5で割ると7、653円です。(オール電化は安いですね)

暖房が動いている月12月~3月は49、756円になり、4ヶ月で割れば12、439円

で、その差は4、786円です。

何と、5千円以下で建物丸ごと暖房できた事になります。

冷房になると、さらに驚きました。

7月~9月の3ヶ月間合計は31、735円で、3で割れば10、578円です。

ここから7、653円を引いたら2、925円にしかならないのです。

なななんと!3千円を切っています。

今年の冬は暖冬でしたから、少し控えめに考える必要が有るかもしれませんが、昨年の夏はなかなかの暑さでしたよね。

梅雨明けが早く、7月から8月の後半まで、猛暑日が続く記録を作ったはずです。

その7月が7、702円(殆ど冷房しなかった?冷房費換算49円!HEMSで確認済み)8月がピークで13、426円となっていますが、これでも5、773円が冷房費となります。

そして、8月の8日から9月の7日までの31日間が10、607円って、長期間家を留守にしていたのか?と疑いたくなる数字です。(冷房費換算2、954円)

実際は、お仕事が忙しく、お盆休みの数日間のみ留守にしたそうです。

その数値が怪しくない事は、10月のデータで解ります。

9月8日~10月7日の30日間で6、585円しか掛かっていないのです。

月平均からすると、マイナスです。

つまり、9月の8日以降に冷房は殆ど掛けていないことを意味しています。

ギャラリー

写真をクリックすると詳細な情報がご覧になれます

知多郡美浜町M様邸5D3M0046-h465日進市T邸メイン名古屋市緑区I邸-メイン画像半田市花園町F邸03-1F1A7139-h465岡崎市H邸-1武豊町S邸半田市宮本町メイン画像DSCN1162-465px

ページトップへ